ベランダを防水すれば安全な日々を送れる!

作業員

屋上防水の種類

男性

工法の特徴とメリット

防水工事にはいくつかの種類があるため、大阪で業者を利用するときには、建物に合った工法で防水することが大切です。大阪の防水工事で一番多く行われている工法はウレタン防水で、防水したい部分にウレタンを塗ることによって防水層を作ります。ウレタン防水のメリットは短期間で施工を行う事ができ、他の工法と比べて安い費用で収まります。またウレタン防水は屋上やベランダの形状を問わずに施工する事ができ、既存の防水層の上から塗る事ができます。そのため大阪では他の工法で防水工事を行うことが難しい場所に、ウレタン防水を採用することが多いです。塩ビシート防水は紫外線や熱に強い特徴を持っており、下地の調整を行わずに施工できるため、短期間で防水工事を行えます。大阪ではリフォームの防水工事で塩ビシート防水が採用されることが多く、下地の調整が必要ないので、既存の防水層を撤去するのが困難な場合でも問題ありません。FRP防水は他の防水に比べて強度が高く軽量なので、防水工事を行うことによって建物に負担をかけません。塩ビシート防水では継ぎ目ができますが、FRP防水は継ぎ目のない防水層を作ることが可能です。大阪の業者は一般的な住宅であれば、1日でFRPの防水工事を終わらせる事ができるため、工期が短くて済みます。アスファルト防水は防水工事の中で最も耐久性が優れており、メンテナンスも必要ありません。そのため大阪では建物のメンテナンス費用を抑えたい、マンションに採用されることが多い工法です。