ベランダを防水すれば安全な日々を送れる!

家

屋上防水の種類

大阪で行われている防水工事は多くの工法があり、それぞれ特徴やメリットが違うため、建物に適した工法を選びます。紫外線や熱に強い防水層を作りたい場合には塩ビシート防水が適しており、下地調整を行う必要がないため改修工事に適しています。

安心安全の住まいへ

ベランダ

常にチェックしよう

念願のマイホームを手に入れることを目標に日々仕事に励んでいる人も多いことでしょう。疲れて帰る家があるというのはやはりいいものですよね。一生に一度となるかもしれない大きな買い物のため、入念に事前準備をして建てたいところです。しかし、いくら慎重に事前準備を行い、思い描いた通りの家を建てることができても、老化には耐えられません。特に雨漏りは家の寿命を大きく縮める最大の要因のひとつとなっており、対策が必要です。雨漏り対策は屋根ばかりではありません。意外と気にしていない人も多いベランダの防水加工も非常に大切です。ベランダは雨が降りかかる構造になっているため、実はもっとも防水に気を付けなければいけないポイントでもあります。ベランダの防水加工として利用される方法は、FRP防水、またはウレタン防水がほとんどです。特にFRP防水に関しては、ベランダの防水工事に非常に適しているといわれています。工期も1日から2日程度で済むため、気になったらすぐに工事を依頼することができます。しかし、FRP防水加工において耐久性は問題ないものの、少し費用がかさんでしまう傾向にあります。ウレタン防水の場合は約2/3程度の工費で済ませることができる場合が多いため、こちらを利用する人も多い傾向があります。もちろん、工事を依頼する業者の得手不得手によって工費が上下することがあります。できるだけ安全、かつ安価に工事してもらえる業者を探すことが大切です。

雨漏り防止の業者選び

屋上の防水工事を依頼する業者さんを選ぶ際のポイントを三つ取り上げます。一つ目は、アフターフォローの有無で、自社の施工技術への自信の程度を見て取れます。二つ目として、防水工事の経験年数が長ければ、技術の蓄積が期待できます。三つ目は、適正な見積もり価格が提示されるかどうかです。

高度な方法で安全に

雨漏りは、屋根だけでなく外壁やベランダの床の亀裂から発生している可能性があります。そのため多くの人が、その場所をスムーズに特定できる専門業者に雨漏り修理を任せています。さらに専門業者は、安全面を十分に考慮しながら、コーキング剤の注入やルーフィングの交換といった高度な方法で雨漏り修理をするのです。